バリアフリー化が進んでいる

何も機能がない住宅では、身体が不自由になった高齢者にとって暮らしにくいと感じるかもしれません。 そこで高齢者が増えている過疎地域で、自宅をバリアフリー仕様にする工事を行うのが流行っています。 中でも人気が高いのは、廊下に手すりを備え付ける工事です。

楽に移動できるようにしよう

病気が進行したり、ケガをしたりして車イスを使って生活を送らなければいけない高齢者が見られます。 もちろん過疎地域にもそのような高齢者が存在しており、自宅の廊下の幅を広げる工事が推奨されています。 車イスが壁にぶつからず、快適に移動できるようになります。

トイレや浴室でできる工夫

水回りも、広くスペースを確保するのが良い方法です。 広めのスペースなら2人で入ってもゆったりとした空間になり、介護されるのもするほうも楽になります。 浴室は他にもおすすめのバリアフリー機能があるので、さっそく調べていきましょう。 便利な機能があれば、思わぬ事故を防げます。

自力で移動できるように工夫

過疎地域は若い人が少なくなり、ほとんどが高齢者になっています。
自立を促すために生活に密着した、自宅をバリアフリー化にする工事が人気を集めています。
人間は誰でも年齢を重ねると身体が不自由になり、若い頃のように動けなくなってしまいます。
バリアフリー化が進んでいる住宅なら、快適に過ごせるでしょう。
特に廊下に手すりをつけたり、階段をスロープにしたりする工事が人気です。
手すりがあれば多少足腰が不自由な人でも自力で移動でき、転ぶリスクが低下します。

自宅の廊下を、通常より広くする工事を行う人もいます。
幅を広くすることで、車イスで生活を送ることになっても快適に移動できます。
廊下の幅が狭いと車イスで移動できなくなるので、不便でしょう。
また2階建ての住宅に暮らしている人は、2階部分を壊し減築、1階だけにする工事も頻繁に行われています。
足腰が不自由になれば2階に行く頻度が減るので、思い切ってなくしても良いかもしれませんね。

加えてトイレや、浴室を広くする工事も人気があります。
水回りは生活を送る上で欠かせない存在ですが、狭いと身動きが取れません。
トイレと浴室の段差をなくし広くすることで、介護される場合でも助かります。
浴室は特に床が滑りやすいので、滑り止めを付けると良いですね。
足を高く上げなくても出入りしやすいよう縁の低い浴槽にしたり、ヒートショックを防ぐために、脱衣室に暖房を備えたりするのがおすすめです。
このように浴室は、改善点がたくさんあります。