この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

バリアフリー化が進んでいる

転ばないための対策

過疎地域は、主に高齢者が多く暮らしています。
1人暮らしをしている人もたくさんおり、それでも快適に生活を送るためにはバリアフリー機能が欠かせません。
手軽なのは廊下に手すりをつける工事で、安い費用で済ませられる面も人気の理由です。
手すりを掴みながら歩けば、足腰が弱っている人でも移動しやすいです。

手すりがないと隣の部屋やトイレに行くまでに時間が掛かりますし、途中で転んでしまうかもしれません。
高齢者は、骨も弱っています。
少し転んだだけでも折れてしまう危険性があり、それがきっかけで回復せず寝たきりになるかもしれません。
命に関わるリスクが高いので、安全性を高めるためにも、廊下に手すりをつける工事がおすすめされています。

スロープがあると便利

段差をなるべくなくすのも、おすすめのバリアフリー機能です。
段差を移動する際は、足を高く上げなければいけません。
若い人や健康な人なら苦にならず、当たり前にできる行為ですが、足腰が弱っている高齢者は、少し足を上げるだけでも大きな負担になります。
そのため数段の段差、玄関から上がる際の段差はスロープに変更しましょう。

スロープなら平らな面と同じように歩けば良いだけなので、身体が不自由な高齢者でも楽に移動できます。
車イスで移動する際も、段差よりスロープの方が移動しやすいです。
快適に暮らせるように住宅を工事して、明るく元気に過ごすことが長生きの秘訣です。
過疎地域でも、自立のため積極的に自宅を工事することが推奨されています。