この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

トイレや浴室でできる工夫

介護される時に助かる工事

意外と見落としがちですが、過疎地域ではトイレも工事を済ませた方が良いです。
手すりをつける他に、トイレのスペースを広くしましょう。
2人で入っても窮屈にならず、介護をするのが楽になります。
狭いトイレでは身動きが取れなくて、介護する側とされる側の負担になってしまいます。

今はまだ自力でトイレに行くことができても、これから先はどうなるかわかりません。
介護を依頼することになっても良いように、事前に対策を行ってください。
過疎地域では、介護をしてくれる人も少ないです。
ご近所の人とケンカをして関係性が悪くなっても、その人に任せなければいけません。
お互い気まずくなるので、最初から良い関係を築けるよう、工事が必要です。

危険な事故が起こらない対策

浴室の床は、滑り止めをつけるのがおすすめです。
滑り止めがあれば床が濡れて滑りやすくなっていた場合でも、転ぶリスクを最小限に抑えられます。
転んで頭を打ちどころが悪ければ、そのまま命を落とすリスクがあるので、高齢者が多い過疎地域では対策が急がれています。
浴室や脱衣所に、暖房を備えるのも良い方法です。

冬は特に、寒い脱衣所と温かい浴室の温度差が大きくなります。
急激に温度が異なる場所に行くことで身体が驚き、ヒートショックという現象が起こることを忘れないでください。
若い人が絶対にならないわけではありませんが、高齢者は起こるリスクが若い人よりも高いです。
浴室に暖房をつけていれば、どこでも温度が一定になり、ヒートショックを防げます。